BuyBuyCarで学べ

中古車価格と走行距離の関係とは

中古車購入時に年式や走行距離は気になる要素です、年式や距離は価格設定に影響が大きく、乗る側としても走行距離数が短く高年式のものを有利な値段で手に入れたいものです。一般的に中古車価格は同車種なら低年式の車や走行距離数が長いものが安くなる傾向にあり、大抵の車は低年式かつ距離数が長くなりますが、車によっては低年式でも距離数が短く状態の良い車も存在します。低年式で走った量が多いとエンジン性能が新しい車よりも低かったり、劣化が進んでいる事も多いですから、購入した後に修理を行う必要が出たりする事もあります、国産車は低年式で距離数が長くても技術力が高くて性能が良いものが多いですが、高年式で距離数が短いものは新しい部品を使っていたり劣化も激しくないですから値段が高く設定されます。他にもエンジンオイル交換をしないまま距離数が増えた車の場合は、エンジンの劣化が激しくなっている可能性も高いですし、扱いが良い車の場合は距離数が長くても劣化がそれ程進んでいない事もあります。中古車購入時は細部のチェックは必要で、安い値段でも故障に繋がったり修理に出して余計にお金がかかる事もありますから注意して選ぶと良いです。

中古車を購入する条件は走行距離だけではない

中古車の中でもよく注目されるのが走行距離です。距離が短ければ短いほど程度が良いとされ新車に近い価格で取引されます。もちろん距離が長い車の場合でもすぐに走行不能になるというわけではありませんから安く買いたいというケースでは総走行距離が長い車を買うという方も多くいます。しかしながらこれらの数字が中古の車の価格を決める要素ではないということを把握しておく必要があります。走行距離が長い場合でもエンジンの状態がよく購入後何年も乗り続けられるということは多々ありますから選ぶ場合には距離だけではなく総合的な状態を判断するようにしましょう。できればエンジンルームの状態を確認して老朽している箇所がないかどうか調べてみましょう。今まで走った距離が短い場合でも劣悪な環境で保管されていた場合にはエンジンなどに多少の老朽化が見られる場合もあります。中古車を選ぶなら車全体の年式や車室の状態に車検の回数などから判断しましょう。

recommend

リースバック
https://www.ams-tokyo.co.jp/leaseback/
オーガニックコットン情報
http://www.peopletree.co.jp/organiccotton/

最終更新日:2017/3/2


ページ先頭へ△